New Journey

 前のカリマーのバックパックがヘタってきたのと、実は不満な点もあって、キャビン・ゼロのバッグを購入。色はネイビー、容量44l。防水で無いところを除けば、欠点という欠点があまり無く、内外問わず(その筋では)人気なのだけれど、あまり見かけない、というか、見ても気付かないくらい派手なところが無い。今年は今のところ外国行きの予定が無いのが、寂しいけれど。今週末は関西および関東へのぶっ飛んだ旅もあるので、…

続きを読む

忘れ得ぬ日

 あれから何度目かの、9月11日。あの日感じた絶望感、世界が変化する予感。 その後、ボクはその国に住み、不自由な「自由の国」を味わう。そして、その国は、経済的な混乱も経ながら「パックス・オバマーナ」を経て、"Divided States"の時代に突入しようとしている。10年前、いっぱいの不安と、わずかな期待とともに初めて踏んだ大地に、ボクは戻れずにいる。 ここで「そうだ、合衆国行こう」なんて、某…

続きを読む

Looking up

 世の中的にも、ジブンの仕事的にも、ネガティヴなエネルギーが渦巻いていて、膨大なエネルギーが必要だったりするけれど。ジブンの選んだ道を進むのも、またジブンの責任。来月は京都と東京を弾丸訪問な予定もできてきたりと、お楽しみも待っている。それまでに、フィジカル万全にしたい。

続きを読む

la ciutat del meu cor

 バルセロナでのテロ、現場は以前訪れた時に宿泊したところに近くて、何度も散歩した通り。許せない思いと、観光都市バルセロナ、そしてカタルーニャの置かれた現状を考え始めると、複雑でワケがわからなくなりそう。「我がこころの街(カタラン(カタルーニャ語)でla ciutat del meu cor)」に、また平和が訪れますように。さらにフィンランドでも殺傷事件があったり、はたまた合衆国でも(悪い意味で)…

続きを読む

Summer Days

 蝉の声もかしましい中、久しぶりに、墓参りができた週末。コンディションなど、課題もあれど、明日からまた仕事の日々。 他にカッコよすぎる曲も見つけてしまったので、貼っておこうかと。"Shooting Star" by Paellas

続きを読む

Life in a city Pt.2

 4月から住んでいる街、結構頻繁に、サイレンの音を聞くなと。今日も近所の交叉点で、パトカーが集結していた。そんな街だけれど、カオスの中にふとした美しさがあったりする。写真は近所の郵便局に行ったときに撮ったバス停。 この週末はエアコンの故障もあったりして、少々弱り気味。夏に負けないようにしないと。

続きを読む

仁王門通り

 名古屋を代表する商店街、大須。碁盤の目状にいくつもの通りが交差しています。中でも仁王門通・東仁王門通は最近熱いなと感じていて。今月オープンした「ベトナムキッチン」さんでは、本場と違わぬ(言い換えればジャパナイズされていない)phở gà(フォー・ガー、鶏肉のフォー)を頂けて。 子供の頃からあるブラジル料理店「Osso Brasil」さんをはじめ、いろんなものが食べられ、いろんなものが手に入る、…

続きを読む