ユニバ

 人生で2度目のUSJは、職場の親睦旅行で。楽しかった。けれど、園内はハロウィン一色でゾンビがいっぱい現れたりしてちょっと怖く、そして、強行日程ゆえにしんどかった。 先週からの風邪をこじらせ?気管支炎らしき症状に苦しむも、なんとか最低限のタスクはこなし、次週へ。

続きを読む

Exhausted & past way

 週始めの激務のせいか、週末に原因不明の発熱で苦しむなど。 カタルーニャ情勢は、さらにカオスに。バルセロネッタの陽射しは、今も忘れられず。

続きを読む

Tiny break

 仕事が佳境を迎えたところに、鼻炎で苦しむとかいう、ジブンの中では「あるある」なパターン。とはいえ、鼻炎も収まってくれたので、休日出勤の帰りに街へ繰り出してみたり。何って買うわけでも無い(先立つものも無い)けれど、ちょっと散歩するだけでもリフレッシュになる。 今年は何やかんや年末までしんどい日々が続く予感がするけど、楽しみつつ頑張ろう。

続きを読む

New Journey

 前のカリマーのバックパックがヘタってきたのと、実は不満な点もあって、キャビン・ゼロのバッグを購入。色はネイビー、容量44l。防水で無いところを除けば、欠点という欠点があまり無く、内外問わず(その筋では)人気なのだけれど、あまり見かけない、というか、見ても気付かないくらい派手なところが無い。今年は今のところ外国行きの予定が無いのが、寂しいけれど。今週末は関西および関東へのぶっ飛んだ旅もあるので、…

続きを読む

忘れ得ぬ日

 あれから何度目かの、9月11日。あの日感じた絶望感、世界が変化する予感。 その後、ボクはその国に住み、不自由な「自由の国」を味わう。そして、その国は、経済的な混乱も経ながら「パックス・オバマーナ」を経て、"Divided States"の時代に突入しようとしている。10年前、いっぱいの不安と、わずかな期待とともに初めて踏んだ大地に、ボクは戻れずにいる。 ここで「そうだ、合衆国行こう」なんて、某…

続きを読む

Looking up

 世の中的にも、ジブンの仕事的にも、ネガティヴなエネルギーが渦巻いていて、膨大なエネルギーが必要だったりするけれど。ジブンの選んだ道を進むのも、またジブンの責任。来月は京都と東京を弾丸訪問な予定もできてきたりと、お楽しみも待っている。それまでに、フィジカル万全にしたい。

続きを読む

la ciutat del meu cor

 バルセロナでのテロ、現場は以前訪れた時に宿泊したところに近くて、何度も散歩した通り。許せない思いと、観光都市バルセロナ、そしてカタルーニャの置かれた現状を考え始めると、複雑でワケがわからなくなりそう。「我がこころの街(カタラン(カタルーニャ語)でla ciutat del meu cor)」に、また平和が訪れますように。さらにフィンランドでも殺傷事件があったり、はたまた合衆国でも(悪い意味で)…

続きを読む