越谷レイクタウン

P9292352.JPG 揃えないといけないものがあって、都内でも手に入るとは思うのだけれど、一気に片付けられる郊外型ショッピングモールということで、日本一の規模らしい、越谷レイクタウンのイオンへ。郊外型といいつつも駅直結で、集客力は凄いものが。ただ、再開発された土地に立地していて、開業から5年になるものの、周囲は空き地が目立つほか、道路整備も途上といったところ。
 ただ、名前のとおり、調整池の脇に立地していて。キャナルシティ博多とも違って、(人工的な「自然」なのかもしれないけれど、)自然、というか、緑が多く配置された設計は悪くないな、と。
 郊外の区画整理に伴って集客力のある大型店舗ができて、中心市街地どうなっちゃうの?っていう議論は各所で耳にするもの。でも、見ていて感じたのは、客層が全く違う、ということで。前述のとおり駅直結なこともあるし、首都圏であることも相まって、まぁ若い。我が地元でいえば、南大高か東浦のイオンに似た感じでしょうか。もちろん、規模はだいぶ違うわけで、越谷は、ちょっとしたモール3つ分くらいあるように感じました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック