Oct. 10, 2021

The lives are not one way
i still remember the day
Everything has been gone
i'm just skin and bone
My life has lost color
i lost the biggest source of power
Flood happens with a lot of tear
Losing was the biggest fear
Ahora,
Los dos vamos viajes diferentes
Señora,
Puedo decir solo "gracias"

i pray for you being happy

Luv,

喪失感

P9070118edit
 決して喪失感一辺倒というわけではないけれど。
 緊急事態宣言が延びたことにより帰郷できなくなったり、夏が早々に終わってしまったり、ブクガが削除されていたことに今更気付いたり・・・。仕事で渡英する話が(当然と言えば当然)立ち消えになったり、挙句、変な夢にもよく襲われたり。何より、"第二期首都圏暮らし"も3/4を終えてしまうわけで。割ともやっと感が晴れない9月だったように思う。
 フィジカル的には手荒れや外耳炎に悩まされているけれど、デュピクセントとの関係は不明。
 "karma"のような秀作は、もう産まれないのだろうか。

The summer has...

6556202D-0ACD-47AA-BE9D-770C40E065C6
夏がやってきたと思ったら、もう去って行きそうな、8月末。全くもって横浜っぽいことができていないけれど、横浜での暮らしもあと半年と僅かの予定。この夏は帰省も断念したし、この状況でも、後悔の無いようにしたいもの。
ワハン回廊は、生きているうちに行けないかもしれないな。

Transition

P7020004
P7020019
 7月2日〜3日は、お休みも頂けたので(大雨だったけれど)柄にもなく、アメリカっぽいところ夢の国へ。幸か不幸か、入場制限がかかっていて、一番待ったアトラクションでも25分待ちという(いい意味で)あり得ない状態だったけれど、当然ながら夜間の営業がされないのが、とても侘しかった。
 長く深い悩みのトンネルを抜けられないような日々だったけれど、昨日1回目の新型コロナウイルスワクチン接種も終え、何かが動き出しそうな予感が漂うも、流され続ける昨今。
Untitled

怒涛

P6200058edit
 緊急事態宣言の解除とともに、なかなかに怒涛の日々が押し寄せてきた気がする(労働時間は大したことないけど、密度的に)。
 そんな中でも、たまに海沿いを散歩したりドライブするだけで、少し気持ちがラクになる。気づけば、2021年も間も無く折り返し地点。年度末の転居は、ここに来たときから決まっていて、早くも、次の引越しを意識しそうになるけれど。それまでに、ここでできることを。

個人的一大事 #AAdvantage

IMG_4552
 個人的一大事。
アメリカン航空提携カード「りそな/AAdvantage® VISAカード」お取扱終了に伴うご案内
 AAdvantageのマイル有効期限は最後の変動(増加または減少)から18ヶ月なのだけれど、このカードを少しでも使っていれば実質無期限みたいなものだったのだ。ところが提携が終了すると。以前は三井住友カード(VISA)が提携していて、それが終了して新生カード(AMEX)になって、それも終了からのりそなカードだったのだけれど。デジャヴといえばそれまでだけれど、やはり人気が無いということか。twitter上でも困ったという声が見当たらなかったし。幸いまだ3年後までカード有効期限はあるから、そこまでは問題ないといえば問題ないけれど。対策としては、
  1. SPG AMEXに変える(ただしそれなりの年会費と、100万円利用で1万マイルと交換なので結構積み上げが必要)
  2. 新たな提携カードの出現を待つ(安直だが後継カードの出現に期待。無い場合は・・・。)
  3. JMBAviosに移行する(本末転倒だが)
あたりでしょうか。OneWorld諦めるって選択肢は、無いものと思っているので。
Mileage Balance
 また世界を飛びまわれる日がやってくると信じて。

A Little Bit Bitter April

P3270038
 なんとか佐藤可士和展には行けたものの、都内は再びの緊急事態宣言により、美術館等も休館に。昨年同様、ゴールデンウィークに限らず家で過ごせという事なのでしょうが、世の中的にどう進むやら。海外の予防接種の状況などが漏れ伝わってくると、何というか悲しくなるレベル。予防接種だけが最適解ではないとしても。
 仕事的には、別れと出逢いを乗り越え、マネジメントという新たな領域に戸惑いながらも、邁進していたら1ヶ月近く経ってしまった感じ。こちらでの暮らしも折り返し地点を過ぎたわけで、日々を大切に過ごしたい。